不動産投資の火災保険でマイルを貯める!

1

100円で2マイルのクレジットカードで火災保険の支払いをする!

dainas

保険会社、保険代理店によっては、不動産投資などの火災保険料をクレジットカードで支払うことができます。

火災保険料は馬鹿にできない支払金額なのでぜひ!うまく活用してみてください。

僕は海外によくでることが多いことから自然とマイルが好きになり、不動産投資家でもありながら自称プチマイラーです(笑)最近の海外の旅ブログです。

自分が利用している保険代理店では、保険期間5年以内の保険料支払いについてはクレジットカードを使うことができます。

ダイナースプレミアムANAをメインカードで利用しているので、100円で2マイルが貯まります。例えば火災保険料が100万円なら20,000マイルが貯まります。これは国内を往復するには十分なマイルです。

ダイナースプレミアムANAは年会費がそこそこしますので、僕と同じように年収が低いところからスタートする時のマイル型クレジットカードについて書いた記事がありますのでこちらを参考にしてみてください。>マイル型クレジットカードでセミリタイアの旅を豊かにする!

不動産投資のために物件を年4棟購入して、一棟当たりの保険料が100万円なら4棟で400万円の保険料支払いになりますので、1年で貯まるマイルは80,000マイルとなります。

80,000マイル貯まると一体どうなるのか?!

miles

80,000マイルあるとANAのビジネスクラスでヨーロッパ往復(画像は日本の東京ーフランスのパリ)ができるマイル数です。

ヨーロッパへのビジネス往復は1回あたり30万円台のことが多く、気軽にお財布から出せる数字ではないのですが、マイルとなるとすごく気が楽ですね。飛行機代が浮いた費用で、ホテルやその他のオプションを贅沢にしてみるのもいいですよ。

最近では海外のホテル(場所指定ですがハイアットリージェンシーやメリディアン、インターコンチ、シャングリラ、シェラトン、ヒルトンなど)を7泊一律32,400円で泊まることができるようになりましたので、マイルとこの組み合わせをすることでヨーロッパでも10万円以下で旅することもできるのです。

フライトも10時間を超えるような長距離区間だからこそ、ビジネスクラスを利用していきたいものです。

1年で4物件購入して400万円の火災保険料を支払うと1回のヨーロッパ行きビジネスクラス往復フライトが特典で付いてくるようなものです。アジアであればファーストクラスでいける時もあるでしょうし、エコノミーであれば2名分のチケットを発券できる日程もあるかと思います。これは活用しない手はありません。

6年以上の保険期間にはクレジットカードが適用できない?!

img_2709

三井住友トラスト・ローン&ファイナンスをバンバン使う人にとっては保険会社または保険代理店次第では、火災保険料の支払いにクレジットカードが使いずらい場合があります。。

なぜなら三井住友トラスト・ローン&ファイナンスの場合、融資期間は20年から30年になることが多く、質権設定の最長保険期間である10年をかけなければならないのです。

僕がいつも利用する保険代理店では、火災保険料をクレジットカードで支払えるのが保険期間5年以内なので、三井住友トラスト・ローン&ファイナンスから融資を受けた場合はクレジットカードを使えないということになります。。

もちろん質権設定を最長期間でかけない他の金融機関であれば問題ないです。もし逆に5年以上でもクレジットカードを切れるところがあれば、ぜひ教えていただきたいところです@@!情報更新:AIUなら10年以上でもクレジットカード支払いができる可能性があるとの情報です。

この記事を書いた人

  • 紺野健太郎
    毎月100万円キャッシュフロー倶楽部長
    キャッシュフロートリッパー Cashflow Tripper

    不動産投資で夢に向かった仲間を集め、不動産投資とライフスタイルの情報共有する『毎月100万円キャッシュフロー倶楽部』を設立。年間300人以上の相談者が訪れる。現在はCashflow Tripperとしてキャッシュフローをつくりながら 自由な時間を持ち、国内外問わずショートトリップ型の旅に出るという新しいライフワークスタイルを送っている。

lpmmbnr_02

bnr_link