空室を満室に!安い家賃のバス便ボロアパートにお金はかけられない!

長期入居者が退去したときは修繕費用がかかる?!リフォーム前

DSC02102

この物件は収益物件購入体験記4、築40年の木造ボロボロアパートです。しかもバス便@@。間取りは2DKタイプです。これが退去後の写真。かなりの古さを感じますね。。

DSC02246

ダイニングキッチンの床です

DSC02128

ダイニングキッチン全体写真です

DSC02106

これがキッチンです。暗い!この雰囲気の中で女性は料理したくないでしょうね。以前住んでいた方は大工さんで、あまり料理をしなかったようです。

DSC02130

ダイニングキッチンから部屋につながる部分です

DSC02234

トイレなどにつながる扉

DSC02238

古さを感じるトイレです

DSC02241

昔ながらの正方形型の浴槽です

DSC02202

ダイニングキッチンと和室の間仕切りです

DSC02227

襖の絵柄が骨董レベルの味を出しています(苦笑)

DSC02192

和室の部屋

DSC02199

和室と和室の間仕切り

DSC02188

天井と壁

DSC02140

床の間がある和室

DSC02157

和室、和室、ダイニングキッチンの全体写真

DSC02218

和室の押入れ

バス便のボロボロ物件でも予約待ちになったお金をかけないリフォーム

IMG_1236

玄関はブラックとシルバーの横線シートを貼りました

IMG_1212

今回のリフォームテーマは<配色重視!塗装できるところは全て塗装してしまえ!>です(笑)

IMG_1208

さすがに床と畳は塗装できなかったです@@、

IMG_1209

天井や壁や柱は全て塗装です

IMG_1226

トイレの壁も塗装して、床だけ木目調のシートを貼りました

IMG_1229

風呂の壁も塗装とクリーニングで清潔感を出しました。水回りをやりかえると高くつきます。賃料4万や5万の物件に100万や200万ものリフォーム費用はかけられません!賃貸経営者の役割は安全かつ快適な部屋を提供することなので。

IMG_1233

これからはホールドする物件に対して空きが出ればカラーリフォームをしていこうと思っています。これには素材と配色が鍵を握ります

IMG_1243

こちらも塗装したら磨りガラスいい感じに

IMG_1214

照明の費用対効果は抜群だと僕は思っています

IMG_1222

押入れです、襖はネイビー色に塗装しました

IMG_1237

全体の写真

IMG_1240

逆から見た全体写真

IMG_1220

床の間の部屋は、襖をピンク色に塗装してみました

IMG_1218

天井や壁も塗装

IMG_1221

ネイビーとピンクの襖で和モダン風に。この部屋は完成前に女性の入居者さんで決まりました。今までは在り来たりの空室対策をして高稼働させていましたが、今後は費用対効果抜群の<塗装カラーリフォーム+アルファ>をテーマに色々仕掛けてみようと思います。

>>次のページは
神奈川県奥湯河原温泉にある山翠楼に行ってみました

この記事を書いた人

  • 紺野健太郎
    毎月100万円キャッシュフロー倶楽部長
    キャッシュフロートリッパー Cashflow Tripper

    不動産投資で夢に向かった仲間を集め、不動産投資とライフスタイルの情報共有する『毎月100万円キャッシュフロー倶楽部』を設立。年間300人以上の相談者が訪れる。現在はCashflow Tripperとしてキャッシュフローをつくりながら 自由な時間を持ち、国内外問わずショートトリップ型の旅に出るという新しいライフワークスタイルを送っている。

lpmmbnr_02

bnr_link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です