音楽の都オーストリアのビエナをカッコよく巡る旅

IMG_9030

貯まったマイルを利用してオーストリア航空のビジネスクラスに乗ってみた!

IMG_8922

オーストリア航空ラウンジが成田国際空港にはない為、同じアライアンスのANAビジネスクラスラウンジを利用します

IMG_8925

ANAラウンジで出発待ち。今回のように航空券代がマイル利用でほぼゼロコストだとホテル、アクティビティ、交通費などに費用をまわすことができますので旅が気軽です。

僕が利用しているマイル情報はこちらを確認してみてください@@

IMG_8926

オーストリア(ユーロ)、チェコ共和国(コルナとユーロ)、ハンガリー(フォリントとユーロ)を日本で両替。現地で日本円からユーロに両替すると手数料が”異常に高い両替所”が多いので、キャッシュは必ず日本で両替しています

IMG_8929

はじめて乗るオーストリア航空のビジネスクラス。まずはこの飛行機を12時間ほど乗ってウイーン国際空港へ向かいます@@、

IMG_8932

電源、USBポートがあるのでMacbookとiphoneを充電、有料wifiなどはありませんでした

IMG_8935

リクライニングスタイルとほぼフルフラットになるシートにはマッサージ機能が付いています

IMG_8938

これがオーストリア航空のアメニティポーチ。中には一般的な歯ブラシセット、ハンドクリーム、耳栓やリフレッシュシートなどが入っていました

IMG_8939

このフライトでは中央列のシートになったのですが中央列に乗っていたのは僕一人。テレビ画面は大きく、タッチパネル方式で快適なのですが、日本語で見れる映画番組が少ないので退屈するかも

IMG_8952

焼きたてのパンを数種類と前菜(和と洋)持ってきてくれます。それを自分でチョイスする感じです

IMG_8953

トリュフとセロリのスープ

IMG_8955

地中海レンズ豆、カリフラワーのピューレにサーモン・フィレ

IMG_8960

デザートの種類も豊富。チーズ、フルーツ、ケーキなど数種類持ってきてくれます。これはオーストリアのチョコレートケーキ

IMG_8957

色々なコーヒーの種類があるのが、オーストリア航空の特徴です

IMG_8964

今回はダブルエスプレッソにバニラアイスとホイップクリームを加えたものをいただきました@@、

IMG_8970

フルフラットにするとこんなシートになります

IMG_8973

2016年4月に旅したバルト3国上空を通過してウイーンへまもなく到着

IMG_8978

到着前には牛肉のカルパッチョ、ウイーン風ポーク&チーズのソーセージ、焼きたてフランスパンなど

IMG_8981

オーストリアの玄関口であるウイーン国際空港に到着しました

4つ星ホテル!お気に入りの絶景「Hotel am Parkring」のSuite (St. Stephen’s cathedral view)に宿泊してみました!

IMG_9096

ウイーン国際空港からタクシーで30分5,000円電車で20分&徒歩10分程度で片道1500円が目安です

IMG_9095

ロビーはこじんまりしていてスタッフの対応も良好でした^^

IMG_8988

ミスト付きシャワールーム

IMG_8987

洗面所も小綺麗にしています

IMG_8990

トイレも清潔、ウイーンの安定感が日本人には合うかも

IMG_8996

ベットルームです。ダブルベットではなく、一人なのにシングルを寄せてダブルにしています、、ここはウイークポイント

IMG_8992

リビングにはウエルカムフルーツにリンゴが2つ

IMG_8994

リビング内にある書斎スペース。紅茶やコーヒーメーカーが完備

IMG_9087

入った瞬間、あ!この部屋にして良かったと思った景色です。部屋からバルコニーはインパクトある眺めです。これだけでもウイーンにきた価値があります。これで1万円後半ですからお得感あります!

IMG_9071

サンセット写真は一切加工なし。リアルにこんな感じの夕日です。iphone写真家としてはなかなかの写真じゃないでしょうか(笑)

IMG_9089

バルコニーからシュテファン大聖堂側の眺め

IMG_9501

夜は各聖堂や教会などがライトアップされ、また違った一面が見れます

IMG_9369

部屋側のバルコニーから。サンライズの眺め

IMG_9131

ウエルカムバスケットに付いてきた「りんごと紅茶」で朝食。最高の景色です

ウイーン王宮、世界で最も美しい図書館、スペイン乗馬学校に行ってみた!

IMG_9153

王宮の芝生で平日の日中からヨガをしています。こういったメローな感じを目の当たりにするとライフスタイルの豊かさを感じ取れます

IMG_9149

ト音記号の花壇とモーツァルト像

IMG_9265

本当に時間がゆっくり流れています

IMG_9173

オーストリア国立図書館はホーフブルク宮殿にあります

IMG_9174

日本の図書館とはオーラがまるっきり違う重厚感があります

IMG_9179

この図書館はオーストリア最大で約740万点を収蔵しているとのこと

IMG_9185

さすが世界で最も美しいと呼ばれる図書館です

IMG_9189

神聖ローマ皇帝カール6世が作らせたバロック様式の図書館には本人の像が置かれています

IMG_9196

人類の知恵の集合体がここにあります

IMG_9220

乗馬1級を持つ自分としては是非とも見てみたい古典馬術

IMG_9238

完璧なハミ受けで自由自在でレベルの高さを感じました

IMG_9245

馬とのコミニュケーションレベルもおそらく世界最高峰です

ウィーン美術史美術館内にあるカフェ「カフェ ゲルストナー」に行ってみた!

 

IMG_9283

このカフェに入るにはチケットを購入して美術館内に入らなければならないです

IMG_9286

絶対に来てみたいカフェのひとつだったので、この絵図を見れただけで満足

IMG_9284

ウイーンはカフェがとても多く、カフェ巡りだけでも楽しい旅になりそうです

レディーガガもきたレストラン「ツム・ヴァイセン・ラオホファングケーラー」でランチをとってみた!

IMG_9247

「白い煙突掃除人」という名前でウイーンでも有名なウイーン料理のお店

IMG_9248

お店の中は可愛らしい感じ明るい雰囲気です

IMG_9250

4種類のパンがサーブされました@@、

IMG_9251

カレーベースのカルパッチョ

IMG_9252

赤カブのサラダ

IMG_9253

ドナウ河で取れた魚を使ったスープ

IMG_9254

子牛のヴィーナーシュニッツェル(Wiener Schnitzel)有名なウイーン料理

IMG_9255

ヴィーナーシュニッツェルつけるポテトタルタルソース

チョコレートケーキの名門「カフェ ザッハー」に行ってみました!

IMG_9135

ホテル・ザッハ―の1階に入っているザッハートルテの専門店

IMG_9137

なんともお洒落なメニュー表

IMG_9138

サンテラスエリア

IMG_9139

老舗のホテルザッハーの重厚で格調高い雰囲気がカフェまで広がっています

IMG_9140

フィルハーモニの通りに面しているザッハー。向かいに見えるのは国立オペラ座です

IMG_9141

ザッハーのチョコレートケーキは、周りはチョコレートでコーティングされていて、2段のチョコレートスポンジケーキの間にはアプリコットジャムが入っています@@、

ベルヴェデーレ宮殿オーストリア絵画館にあるクリムトを見に行ってきました!

IMG_9392

ベルヴェデーレ宮殿オーストリア絵画館

IMG_9408

たまにはゼロベースにリセットすることにしています@@、

IMG_9430

美術館に入ると不思議なアイアン系の人形がお出迎え

IMG_9432

バロック建築らしい重さあって豪華な内装

IMG_9436

クリムト1908年接吻

IMG_9438

クリムト1901年ユディト

IMG_9442

上宮下宮間の斜面に広がるバロック庭園の眺めの美しさは世界10大美景になっているようです

IMG_9448

館内を歩いていると・・・ナポレオンが・・・

IMG_9452

気になった絵があったので写真を撮っておきました

シック様式「シュテファン大聖堂」に行ってみました!

IMG_9098

今回宿泊したホテルのバルコニーから見える大聖堂。高さは107m

IMG_9318

教会は好きな方なのですがあまりの観光客の多さに早々と撤退。教会は秋冬で人が少ないときにいくと落ち着いてゆっくりできますね

IMG_9321

シュテファン大聖堂の屋根には様々な色の瓦で、オーストリア・ハンガリー帝国の双頭の鷲、ウィーン市とオーストリアの紋章が描かれています

黄金のホールと呼ばれる「ウィーン楽友協会」で開催されるコンサートに行ってみました!

IMG_9328

旅を決めてから知ったのですが、ウイーンの音楽団は7−8月は地方遠征するため、ほとんど開催さていないようです。7−8月はどちらかというと観光客向けのオーケストラが多い

IMG_9338

アナザースカイに出演した世界的指揮者の佐渡裕氏が通い続けた黄金ホール

IMG_9363

観光客向けのモーツアルトコンサート

IMG_9367

終わるとブラボー!という声と共に大喝采でした

毎週土曜日開催の「蚤の市」でアンティークや絵画を探しに行ってみました!

IMG_9506

朝6時30分ちょっと早めにナッシュマルクトの蚤の市に到着

IMG_9510

オシャレなパン屋

IMG_9518

6時30分から夕方まで開催されているようですが掘り出し物は早い時間帯でなくなるようです。一度見てよければ見送らず購入すべきかも。この感覚は不動産と似ています

IMG_9519

皆しきりに買い付けをいれています(笑)

IMG_9524

見ているだけで2時間は軽く過ぎていきます@@、

13709997_1071844062910632_6818396321863507161_n

絵自体もまあまあ良かったのですが額のスリキレた感じが気にって買い付け!この2つで6000円

13620010_1071844039577301_6960494859868459053_n

ロシア調?オーストリア調??産地不明ですが気に入ったので購入この3セットで4500円。家に置いておけばコスパいいような気がしています。言わなければ絵や食器は普通の人では値段わからないですからね(笑)ウイーンにいく際は土曜日の蚤の市はおすすめです!

>>次のページは
ヨーロッパレールで向かうチェコのプラハ滞在記

この記事を書いた人

  • 紺野健太郎
    毎月100万円キャッシュフロー倶楽部長
    キャッシュフロートリッパー Cashflow Tripper

    不動産投資で夢に向かった仲間を集め、不動産投資とライフスタイルの情報共有する『毎月100万円キャッシュフロー倶楽部』を設立。年間300人以上の相談者が訪れる。現在はCashflow Tripperとしてキャッシュフローをつくりながら 自由な時間を持ち、国内外問わずショートトリップ型の旅に出るという新しいライフワークスタイルを送っている。

lpmmbnr_02

bnr_link