ヨーロッパレールで向かうチェコのプラハ滞在記

IMG_0114

ヨーロッパ鉄道RAIL EUROPEのファーストクラスでウイーンからプラハへ移動しました

IMG_9531

オーストリアのウイーン(ビエナ)からOBB(オーストリア連邦鉄道)に乗ってチェコ共和国のプラハまで約5時間。ファーストクラスが約1万円、セカンドクラスが約5000円。ファーストクラスではラウンジが利用でき、列車内のシートにはゆとりがあります

IMG_9532

ラウンジはスタイリッシュなデザイン。ネットで時刻や乗車賃を確認するには、ヨーロッパ鉄道RAIL EUROPEで確認します

IMG_9534

クッキー、マフィン、フルーツ、コーヒーメーカー、ミネラルウオーター3種類(炭酸、微炭酸、ガスなし)が常備

IMG_9555

車内はWIFIフリー。列車は乗り入れてくる国によって車両タイプが異なりますので、それによってシートの質や種類が異なります

IMG_9565

世界の車窓からのような景色!空、グリーン、イエローのコントラストが鮮やか!

IMG_9567

チェコ共和国プラハ駅到着5分前の車窓から

IMG_9598

プラハ駅に到着しました@@、今回のオーストリア、チェコ、ハンガリーはシェンゲン協定内なので入国審査などは特になし

あまりおすすめではないホテル!?街から離れた4つ星「Park Inn Hotel Prague」に宿泊してみました!

IMG_9604

プラハ駅からタクシーで15〜20分。プラハ滞在中に利用するホテルに到着。市街地から少し距離があるので、近隣はとても静か。スーパーも隣にあるのですが、さすがに、、、街から徒歩1時間という距離感を考えると。。おすすめできません@@;

IMG_9613

ホテル内に自動両替機があります

IMG_9614

プラハはどこも天井が高い建物が多いです

IMG_9615

清潔感あるシンプルなホテルです

IMG_9618

常備されているシャンプーやボディーソープは日本でもおなじみのDOVE。旅人にはバスタブは嬉しい

IMG_9619

シャワーブース、トイレです。あまりおすすめではないホテル(街から遠いので・・・)なので写真はこの辺で!

絶対おすすめ!見た目の割にコスパ最高!インペリアルカフェ

IMG_0148

5つ星のホテルに併設されているインペリアルカフェ

IMG_0167

ファミレス「デニーズ」のプラスαの値段で、ハイクオリティなランチやカフェが楽しめる。ここのコスパはかなり良いです!!

IMG_0154

アールデコのタイル装飾が美しく重厚感があるカフェです

IMG_0169

自家製レモネードとガーリックシュリンプ&シーザーサラダ

IMG_0172

おすすめ度が高いフォンダショコラ&ラズベリーwithチョコレートアイスクリーム

セグウエイでプラハの街3コースを3時間で効率良くまわってみた!

IMG_9876

セグウエイやってみたい!しかしショップを探すのが面倒な方は、プラハの市街地に出るとセグウエイでウロウロしている人がいるので、声をかけてみましょう!観光客以外はほとんど勧誘のスタッフなので、丁寧に案内してくれます

IMG_9877

3時間でレッド、ブルー、イエローの3コースを50ユーロで案内してくれます。もちろん英語です。短時間で大枠のプラハがわかると思います

IMG_9984

プラハの3コースを知る以外に、セグウエイはスポーツの一種としても楽しいです。この旅でセグウエイにハマってしまいました(笑)日本で気軽に利用できないのが残念でならない・・・

IMG_9881

お金と時間に余裕あれば色々な場所に行ってくれます。徒歩だと絶対にまわれない場所など案内してもらいました

IMG_9908

ペトシーン展望台タワー

IMG_9912

エレベーターか徒歩を選択。60mあるのでエレベーターで一気に展望台へ

IMG_9916

レトロなタワーでかなり揺れがあって、正直折れるのではないかと思ってしまう恐怖感

IMG_9922

しかし・・・一望できるプラハの景色は絶景です!!

IMG_9927

ウイーンの世界で最も美しい図書館に続き、プラハの修道院内図書館も負けじとゴージャスです

IMG_9934

ストラホフ修道院にある哲学の間

IMG_9937

こちらは神学の間

IMG_9969

セグウエイでウロウロしていると建物に花が飾られていることが多く、これが建物を華やかにしてくれます。不動産投資ではここまで中々できないですが、このような些細なアイデアを取り入れて賃貸物件をお洒落にしてみたいですね!

IMG_9999

建物や内装の配色の組み合わせが、とても勉強になりました@@、カラー配色は感覚的に70:20:10くらいになっている感じがしますし、色合いはかなりこだわって感性で組み合わせています。センスを磨かなければ@@、

プラハ市民会館 (スメタナホール)でコンサートをきいてみた!

IMG_9624

コンサート開演30分前にプラハ市民会館に到着

IMG_9639

アール・ヌーヴォー形式が詰まった見所満載のホール

IMG_9645

一度は座ってみたい憧れのボックス席

IMG_9661

ほぼ毎日のように各地で開催されるコンサート。チケットは安いものだと3000〜4000円、VIPチケットでも1万円あればリザーブできます。日本語で予約できる「classictic」がおすすめです。メール受信でEチケットを手に入れられるので、コンサート初心者でも安心です!

各国のコンサートやオペラなどを予約できるサイト
classictic

IMG_9670

ベスト・オブ・ザ・クラシックスと題して室内管弦楽団の演奏でシュトラウス、ヴィヴァルディ、バッハ、モーツァルト、ドヴォルジャーク、ブラームスを聴くことができます

IMG_9682

1時間半くらいの演奏に大満足!数千円でこの雰囲気を味わえるならいいですね^^

絶賛!プラハで人気のアイスクリーム屋2店舗!

IMG_0203

1店舗目は行列ができるアイスクリーム屋「Angelato」

IMG_0209

プラハを歩くと至る所にアイスクリームがありますが、僕が食べた世界一美味しかったリトアニアのアイスクリーム屋に匹敵するのではないかと思わせるクオリティです

IMG_0207

シングルで150円くらい、ダブルで300円くらいでボリューム満点

IMG_0211

僕の鉄板的アイスクリームの組み合わせ!ダークチョコレートとティラミスです

IMG_9875

2店舗目はアジア以外でヨーロッパやモロッコ、ニューヨークなどにも進出しているアイスクリームチェーン「Amorino」

IMG_9872

とにかく店員が元気!このAmorinoは花形のアイスクリームをつくるのが上手です

IMG_9873

僕はまた鉄板の組み合わせでアイスクリームを注文

IMG_9874

ここもかなりのクオリティでしたので、アイスクリームと一緒にフラペチーノ的ドリンクを大人買いw

朝と夜にヴルタヴァ川に架かるカレル橋を散策する!

IMG_9849

早朝のプラハは爽やか度100%!観光シーズンの夏より涼しく人も減る秋や冬の方がゆっくりできそうです

IMG_9863

12世紀に作られた時は木造の橋だったのが、1402年に石造りの姿になったようです

IMG_9855

橋の両サイドには聖像彫刻が30体ほどつらなる

IMG_9767

夕方になると橋の上でバイオリニストが演奏をはじめる。この演奏と景色がたまらなく贅沢です

この時の様子をyoutubeにアップロードしました
紺野健太郎カレル橋

IMG_9773

プラハ城を見ながらのサンセット

IMG_9759

カレル橋の入口

IMG_0116

夜になるとプラハの小道はとても良い雰囲気になります@@、

黄金のルートを通ってプラハ城と聖ヴィート大聖堂に!

IMG_0027

カレル橋から急坂を登ってプラハ城へ。正直、山登りに匹敵する急坂です・・・

IMG_0028

途中、絵画の店がつらなっていて絵を見ながら休憩して登っていきます

IMG_0031

このプラハ城は大統領がいるときには旗があがっています

IMG_0076

さらに奥に進むと裏手に聖ヴィート大聖堂が出てきます

IMG_0048

ゴジック様式の聖堂でかなりの大きさです

IMG_0059

ステンドグラスが教会内に反射して見たことがない神秘さです

IMG_0063

正面のステンドグラスは2万6000枚超のガラスを使用

IMG_0054

ミュシャのステンドグラスこちらは4万枚利用

IMG_0066

僕が見た中でもかなり大きい大聖堂。個人的にはラトビアにあったリガの大聖堂がお気に入り

IMG_0096

至る所で音楽家が音楽を奏でています

IMG_0093

プラハ城の小道を下っていく途中にあるカフェ

IMG_0084

錬金術師が住んでいたといわれる黄金小路。この中にあるNO23の店「コロス・アルケミスト」はチェコの工房で作られているチャームがついた革紐のブックマーク専門店でひとつ500円ほど

プラハ最古の教会で繰り広げられる小さなコンサートに行ってみた!

IMG_0178

前方A席でも3000〜4000円と手頃で、演奏のクオリティ考えると一番コスパが良かったのでおすすめです!!

IMG_0192

当日でも空いていればチケットは購入可能です

IMG_0188

4名と人数は少なかったですが、今回の旅で一番ハイレベルなコンサートでした

チェスから不動産投資とライフスタイルを考えたミニコラム

IMG_0082

このチェス盤を見て思ったこと・・・

お金持ちでも代々引き継いでいる大家でもなく普通以下の労働者だった僕は自由な時間で世界中、旅がしたかった。それもお金のない旅ではなく、お金がある旅を。

10年前はサラリーマンをしていても収入がほとんど増えず、支出や税金が増える一方で、質素に生活していても全く貯金がたまらず、不安ばかりが頭の中を支配していた。それでも年老いてバイトしなければ、生活苦になるようなリタイアプランは描きたくなかった。

サラリーマン時代、日々の満員電車の往復通勤がきつく現実と理想としている自由のギャップに苦しんだ。サラリーマンの労働拘束時間は長く、人間関係でもストレスがかかり夜にはエネルギーが萎んでいた。肌は乾燥するし、目つきもきつく、体重も50kg前半でいつも咳き込んでいた。今はストレスが減ったせいか肌もツルツルで、目つきも緩やかになり、体重も60kg後半になって余裕ができた。

せっかくの自分のリミッドある人生。他人のテーブルで人生を生きる必要があるだろうか。豊かに生きるべきではないか。

そしてお金で体験という選択肢を無くしたくなかった。こういった動機が原動力となり、不動産投資というお金、時間、場所の自由を確保しやすい仕組みに気付き、サラリーマンから数年でセミリタイアを実現した。

どこにハシゴをかけるかで、その後の人生が変わる。20代後半と30代後半の今では<天と地>の変わりよう。1日後、1年後、10年後が一緒では何も変わらない。同じ行動では何も変わらない。留まるのではなくチェスを動かすように戦略的に今日も行動を@@、そして自分と周りが楽しく生きられるように。

このチェス盤を見て、そう思えたプラハの1日だった。

>>次のページは
24時間で旅する古代温泉と激安フォアグラの都ハンガリー・ブタペスト

この記事を書いた人

  • 紺野健太郎
    毎月100万円キャッシュフロー倶楽部長
    キャッシュフロートリッパー Cashflow Tripper

    不動産投資で夢に向かった仲間を集め、不動産投資とライフスタイルの情報共有する『毎月100万円キャッシュフロー倶楽部』を設立。年間300人以上の相談者が訪れる。現在はCashflow Tripperとしてキャッシュフローをつくりながら 自由な時間を持ち、国内外問わずショートトリップ型の旅に出るという新しいライフワークスタイルを送っている。

lpmmbnr_02

bnr_link