群馬県猿ヶ京温泉にある旅籠屋丸一に行ってみました

IMG_1182

人生初の足を怪我して短い湯治の旅へ

13876212_1089677797793925_6359150768839853870_n

人生ではじめて全治1ヶ月レベルの怪我をしました@@;右足負傷そして激痛で数日は何もできず、、1週間経過した頃からやっと自由度がある部分を使ってライフワークができるようになりました。しかし不便。。怪我や病気になったときこそ、不動産投資をして良かったという思いは倍増します。なぜなら毎月安定して入る収入であるキャッシュフローがあるからです。それにしても健康でなければいくらお金や時間があっても・・・ですね。

IMG_1167

新潟方面で軽く湯治をして、大型台風予報の中、群馬にある猿ヶ京温泉を目指しました。その途中で生の猿に遭遇@@;

IMG_1170

「2016年度の国内の旅リスト」に入っていた温泉旅館<旅籠屋丸一>に到着!!今年も残すところあと3ヶ月!!年頭に決めた目標は80%程度達成。

IMG_1172

本館、別館、離れがあり敷地内はこじんまりしているようでまあまあ広い

IMG_1171

中庭は日本庭園のようになっています

IMG_1183

今回は本館ではなく離れの2間続きの部屋へ1泊します

IMG_1181

1泊1万円代(プランによる)に対して総合的にコスパが良く、お洒落で、和風の古さが、あるものの、掃除が行き届いていて、かなり綺麗@@、古くからの調度品も楽しめますよ!

IMG_1174

黒茶とホワイト色を徹底しているので、部屋全体がシンプルで落ち着きがあります。縁がない畳でカッコイイですねー

IMG_1175

2間続きの部屋で、程よく離れた場所から小川の流れが聞こえてきます

IMG_1178

とにかく床がツルツルして好印象。不動産投資家は見習うべき点ですね(笑)ピカピカの方が清潔感があり、暗いトーンのフローリングでも明るい印象そして黒は高級感を出してくれます

IMG_1179

こちらも床ツルツルのトイレ(笑)

IMG_1180

綺麗に掃除された洗面所

IMG_1176

敷地内の(本館、別館、貸切温泉、蔵の湯、中庭)などわかりやすい施設マップ。右上にwifiのIDとpassの表記や裏面にチェックアウトの時間や食事の時間が記載されています。この旅館はスタッフの出入りを極力減らして宿泊者にゆっくりしてもらうコンセプトなので布団は自分で好きな時にひきます

明治建築の木造を利用した源泉掛け流しの天然温泉

IMG_1186

美術館のような温泉口で両サイドには書籍があり、用意されているフリーコーヒーをソファに座って飲むことができます

IMG_1190

ひば木製の温泉風呂で、温泉色は若干ゴールドかかっている!金持ちになりたい人は入るべき!?

IMG_1189

天然温泉の露天風呂

IMG_1193

中庭を通り一旦外に出ると、右側に天然温泉の万葉の湯、左側に遠赤外線・ラジウム線の湯があります

IMG_1194

今回はラジウムの遠赤外線の貸切風呂へ

IMG_1196

「赤の湯」「黒の湯」の内側に張ってあるタイルには遠赤外線・ラジウム線を放出するタイルがあり、ラジウム温泉は、重曹泉、硫黄泉などと共に三大美肌の湯とも呼ばれ、お湯に含まれる成分が肌の老化防止にも効果的といわれています

IMG_1197

こちらが黒の湯。赤の湯がどうも落ち着かないので黒にきました@@、

IMG_1198

猿ヶ京の水と100%天然エッセンシャルオイルを加えた旅籠屋丸一オリジナルの液体石鹸、種類豊富で気分転換には持ってこいですね

群馬の新鮮な食材をつかった夕食と朝食。リアルに新鮮でした!

IMG_1201

地元野菜の盛り合わせと手作りディップソース、野菜たくさんラタトウーユ、甘いとうもろこし、無花果の生ハム巻き

IMG_1202

金時草のおひたし

IMG_1203

地元産鯉を使ったカルパッチョ

IMG_1209

地元野菜の炊き合わせ

IMG_1210

ニジマスの唐揚げカレーマリネ風味

IMG_1204

上州麦豚のしゃぶしゃぶ

IMG_1207

黒毛和牛の鉄板焼き

IMG_1205

手作りお新香の盛り合わせ

IMG_1213

香味のせご飯、かき玉汁

IMG_1216

朝食も夕食と同様、食材の味が引き出されていて満足度高い味付けです。コスパがかなり良くスタッフも思っていた以上にアットホーム!冬にまた行きたいと思います^^

猿ヶ京温泉 <旅籠屋丸一>

〒 379-1403

群馬県利根郡みなかみ町猿ケ京温泉199

TEL0278-66-0066

http://hatagoya-maruichi.com/

>>次のページは
収益物件購入体験記9(平屋&倉庫@神奈川県横浜市神奈川区)

この記事を書いた人

  • 紺野健太郎
    毎月100万円キャッシュフロー倶楽部長
    キャッシュフロートリッパー Cashflow Tripper

    不動産投資で夢に向かった仲間を集め、不動産投資とライフスタイルの情報共有する『毎月100万円キャッシュフロー倶楽部』を設立。年間300人以上の相談者が訪れる。現在はCashflow Tripperとしてキャッシュフローをつくりながら 自由な時間を持ち、国内外問わずショートトリップ型の旅に出るという新しいライフワークスタイルを送っている。

lpmmbnr_02

bnr_link