これが旅の最終系だ!?カリブ海クルーズ1週間

東京からメキシコ経由でキューバへ。キューバへ入るには大使館でビザを取得して、クレジットカード付帯などの保険証明書が必要になります。市街地から港は、ほぼ隣接しているのでアクセスは良好。今回乗船する船は写真に写っているMSCオペラです。

1階でスーツケースを預けて、夕方からチェックイン開始。荷物検査、出国審査、顔写真スキャンを得て乗船できます。

乗船するまで45分くらいかかりますが、時間はそこまで気にならないです。ウエルカムドリンクをもらって船内へ。

廊下は大人がちょうどすれ違えるくらいの広さです。部屋のドアはオートロックです。内側の部屋は窓もないので閉所感が半端ないです。。

自分の部屋に入るとこのようなカードが置いてあります。これが身分証明書になり、部屋の鍵にもなり、食事をする時など、様々な場面で使うカードです。このカードで使った履歴が最終日に請求書として部屋に届きます。支払いは最後にまとめて精算します。そして乗船した翌日の23時間までにクレジットカードをフロント付近にある機械で登録し、そのカードで最後は自動支払いとなります。

船上では衛星WIFIを利用します。日本で登録していった方が20%程度割安です。スペックは3段階に分かれていて一番高いのが4000MBで日本で購入すると8000円くらい、4台まで接続ができます。現地でもWEB上で簡単に登録や追加購入できます。スピードは夜の時間帯や部屋の中では遅くなります。ただレストランやカフェなどでは、スカイプで金融機関に電話したり、youtubeも見れるレベルなので、場所や時間を選べば問題なく使えます。僕は部屋のドアを開けたことで回線が早かったので常時OPENにしていました。

マイルやスターポイントで航空券やホテルはタダみたいな値段で動けるので、その分、今回は奮発してバルコニー付きツインルームをチョイス。一人当たりの1週間の総額は25万円程度です。クルーズは高くても絶対にバルコニー付きをおすすめします!食事やクルーズ内でのイベントは基本無料です。飲み物の種類やレストランによってはかかるところもあります。ルームサービスもあり。

船室へは1日2回清掃、タオル交換に入ってくれますので、とても清潔です。

部屋の中にある冷蔵庫

設定しずらいセキリティボックス

ハンガーや収納は2人で使うには十分なスペースがあります

海やサンセットを見ながらバルコニーで読書や作業をする世界観は最強です!@@

クルーズ客船のルームバルコニーは僕の中では旅の最終系に相応しい雰囲気を出してくれます@@、これは一度は体験してもらいたいです。

ビーチチェア、プール、子供用プール、ジャグジー

イタリア系の客船なのでジェラートは美味しいです。これもフリーです。

レストランやカジュアルなフードコートなどがあるので、気分で行き先を変えることができ、これらもほぼフリーで食べ放題、飲み放題なので、かなり楽です。ただ和食や中華がないので、日本食派には長期戦クルーズは正直きついです。

ホットケーキが好きなので、毎日の朝食はこれとオリーブオイル大量にかけたサラダとフルーツそして水です。

ピザは常に手作り、焼き立てなので良いですね。さすがイタリア系の客船。これが一番美味しかったです。

写真に写っている本ですが、僕には理解できず、5分で閉じました。。

シニア率80%、アジア率5%くらいです。完全なる異国です。

今回はセミリタイアした6名の友人で旅をしました。こういう仲間が増えると嬉しいですね。わけのわからない感じではなく、静かでカッコイイ感じの旅人として生きたいです。

隣のイタリア女性が爆勝ち、僕も手持ちの3倍まで勝って、元金の2倍を留保して、残りを全額投入したら負けましたwとりあえず2倍で退散しましたww

今回はジャマイカやケイマン諸島、コスメルへ上陸しました。やっぱりジャマイカのイメージが強かったのでそこだけアップします。

船から降りて、日本製のバスをカラフルにした可愛らしい車で移動。

ラスタカラーの三つ編みをしてもらって、歩いているとドラクエに出てきそうな人々を発見。。。強烈なインパクト。ジャマイカはかなりディープな世界。ラブアンドピースのラスタの洗礼。三つ編ヘアスタイル。過去最高レベルの青い海。危ないようで危なくない、でも一歩前に出ると、かなり刺激的。みんな個性強すぎてまぶしすぎる。普通が楽で好きだけど、やっぱ、ひとつくらいエッジがあるとカッコよく見えるだよな、なかなか自分で自分の好きなことって見つからないけど、一歩前にでること大事!?それに旅行じゃなくて旅に出ると、肌感覚でそれを思い出す。人生にはパッションとアクション、それにちょっとしたノリが必要だw

船内にはパターゴルフがあったり・・・

毎日、何かしたらのショーが開催されていたり・・・

子供向けにゲームセンターやミニレゴランドがあったり・・・

ディスコやパーティーがあったり飽きないようにイベント多数です。疲れた時はスパなどもあります。

セミリタイアの目標の一つにぜひ!クルーズは生涯一度は行くことをオススメします。必ずバルコニー付きで!!

この記事を書いた人

  • 紺野健太郎
    毎月100万円キャッシュフロー倶楽部長
    キャッシュフロートリッパー Cashflow Tripper

    不動産投資で夢に向かった仲間を集め、不動産投資とライフスタイルの情報共有する『毎月100万円キャッシュフロー倶楽部』を設立。年間300人以上の相談者が訪れる。現在はCashflow Tripperとしてキャッシュフローをつくりながら 自由な時間を持ち、国内外問わずショートトリップ型の旅に出るという新しいライフワークスタイルを送っている。

lpmmbnr_02

bnr_link