チェナ・ホット・スプリングリゾートで天然温泉とオーロラを!

=チェナ・ホット・スプリングリゾートに宿泊してみた!=

フェアバンクスのホテル前からチェナ・ホットスプリング・リゾート行きの有料リムジンにピックアップしてもらい100km移動。

1本道をひたすら走ること1時間30分。目的地のチェナ・ホットスプリング・リゾートに到着。

フロントでチェックインして、4部屋入っているアパートメントへ。

部屋はダブルサイズのツインベットでシンプルなつくりです。この<シグニチャールーム>はトイレ、シャワーブース、洗面所完備。

アパートを出るとこんな感じで、雰囲気がとても良く、面積的にこじんまりしたリゾートで動きやすいです。

=チェナ・ホット・スプリングリゾートの温泉編=

シグニチャールームから温泉までは白樺の木を抜けて1分くらい。建物の横からは温泉の湯気が望めます。

ここが温泉の受付。日中や夜は日帰り入浴や団体の方もいるので混雑している時もありましたが、朝やご飯時などにタイミングをズラすと空いています。宿泊者はいつでも無料で入れます。

受付でタオルを借りて、ロッカーで水着に着替えて、施設に入るとまず温水プールと温水ジャグジーがあります。営業時間は朝7時から夜0時まで。

この扉を開けられるのは18歳以上。この外はマイナス30度の世界です。

この日の気温マイナス30度@@!温泉の温度はプラス40度・・・その差ナント70度。

全長43mで北米最高峰の掛け流しの温泉です。多分、北米一大きい温泉だと思います。

GOPROで水面の写真を撮ってみたところ。下はコンクリートではなく、砂利というのがなんだかマッサージ効果があるような気分にさせてくれます。

水を持って入れば1時間以上入っていられるような温泉です。髪の毛を濡らして10分くらい置くと・・・

こんな感じになってしまいます(笑)

=チェナ・ホット・スプリングリゾートのオーロラ編=

この日の夜中、温度計はマイナス32度を記録!!パタゴニアやユニクロの極暖など何枚も重ねて、スノボ用のグローブに、登山用のノースフェイスの靴を履いてもマイナス32度の世界では15分程度しか外に入れません><

夜中の12時までやっているオーラカフェという強い味方。

ここの冷凍ピザが結構イケます!外気温の方が冷凍庫より温度が低いといのが凄いですね@@、

防寒具を借りて待機中。この服装なら外でも余裕で15分以上耐えることができます。ここは24時間稼働しているアクティビトリアム。ここでライフワークしながらオーロラを待ちます。wifiは24時間8ドル、48時間12ドル。ワンアカウントなのでpcで1枚、スマホで1枚。

熱心な方はこのオーロラルームで待機してオーロラが出るのを待ちます。

オーロラルームを出ると日中は立ち入り禁止の滑走路になっていますが、夜はオーロラ鑑賞の場へ。

外に出るとオーロラがうっすら見えてきました。

初のオーロラ!何事も初めては1度だけ!その1度は特別な体験だ!だから何事も楽しんで迷わず自信を持って決然としていきたい。人生のリュックに入れられるものには限りがあり、いつまでも背負える訳ではないのだから@@、

オーロラには5段階の工程があるとのことで、今回は一番良い5段階目もしくは4段階目あたりのオーロラ。僕が到着する前日から1週間程度見れていなかったオーロラは到着した夜にすぐに見ることができたのでラッキーです。

=チェナ・ホット・スプリングリゾート 犬ぞり編=

衛生的な面や鳴き声などの配慮もあり、徒歩5分ほど離れたところに犬舎があります。

皆、人懐っこいです(笑)

慣れるとこんな感じで仲良くなれます。

相手を間違えると、、、こうなります@@、、

現地の人だとブルックスブラザーズが雑誌で使うような写真になります。

3kmほどコレに乗って走りました。

犬ぞりを引いてくれた犬たちに挨拶回りして。

子犬の宿舎で将来の犬ぞり候補生たちに会いましたw

=チェナ・ホット・スプリングリゾート レストラン編=

こんな山の中なのになぜかいつも混雑しているレストラン。

お酒は飲まないですが、アラスカのビールや地酒が飲めるバーカウンター。種類豊富。

このシーザーサラダの量は半端なく多いですが、野菜がとても新鮮。

個人的に1位サーモンのペンネパスタ、2位シーザーサラダ、3位サーモンクラムチャウダー。どれ食べても材料が良質で味付けも上手なので美味しいです。

サーモンクラムチャウダーは絶品。アラスカならではのタラバガニなどもありました。このレストランはメニュー豊富で、味もいいので、お気に入り!

アラスカはアメリカなので一様、ステーキとフライドポテトも載せておきます(笑)

=チェナ・ホット・スプリングリゾート番外編=

オーロラや温泉、犬ぞり以外にもスノーモービルができたり・・・

氷のバーでアップルティーニを氷のグラスで飲めたりします。

夏になると乗馬ができたり、4輪バイク、ネイチャートレイルなどもあるので自然が好きな方は行ってみることをオススメします!個人的には3泊4日程度が良いのではないかと思います。

>>次のページは
ワンルームアパートに宅配ボックスを付けたら稼働率が上がった!!

この記事を書いた人

  • 紺野健太郎
    毎月100万円キャッシュフロー倶楽部長
    キャッシュフロートリッパー Cashflow Tripper

    不動産投資で夢に向かった仲間を集め、不動産投資とライフスタイルの情報共有する『毎月100万円キャッシュフロー倶楽部』を設立。年間300人以上の相談者が訪れる。現在はCashflow Tripperとしてキャッシュフローをつくりながら 自由な時間を持ち、国内外問わずショートトリップ型の旅に出るという新しいライフワークスタイルを送っている。

lpmmbnr_02

bnr_link