投資用不動産の売却を考えてオウチーノを使ってみた

投資用不動産を売却するかどうかを考えて、不動産一括査定サイトのオウチーノを利用してみました。

不動産一括査定サイトは数多くありますが、便利な一方で安心して利用できるかどうかは気になりますね。

オウチーノが簡単に安心して利用できるサイトなのか、実際に試してみました。

まずは、オウチーノの公式サイトへいくと、早速トップページに検討物件の情報を選択するボタンがあります。

オウチーノでの査定

トップページの画面では、都道府県、市区町村、町名、物件種別を選び、無料査定スタートボタンを押します。

ouchino8

次の画面では、査定についての要望をそれぞれ選択します。

<項目>
・物件の所有者、名義人
・売却検討時期
・査定方法
・買い換え希望
・リフォーム歴
・質問、要望欄

正確に入力する必要はなく、現段階での考えや分かる範囲で情報を提供すれば足ります。

査定方法に関しては、まずは簡易査定を選択しました。

ouchino31

次に、物件情報を入力します。

所在地や居住の有無、面積、建築年、間取り、現在の状況(居住中・賃貸中・空室・その他)とあり、すべて必須回答を求められますが、ここもわかる範囲でおおよその入力で問題ありません。

なるべくきちんとした査定を出したい場合には、面積や築年、間取りは正確に入力しておいた方良いと思います。

ouchino37

お客様情報の入力も必須となります。

ouchino54

ここまで入力が終わると、次に該当する査定会社がピップアップされます。

僕の場合は1社しか選択ができないようです。

売却物件によるのだと思いますが、1社しか出てこないのは少し残念でした。

ouchino23

場合によっては数社が抽出されるようですが、今回は1社だけなので、出てきた会社を選択して無料査定依頼ボタンを押して、依頼は完了となりました。

ouchino45

依頼先の不動産会社からの連絡

依頼をお願いしたA社からは、その日のうちにメールでの連絡がありました。

担当者よりあらためて連絡が来るとの内容だったので、電話がかかってくるのかと待ち構えていたのですが、その日のうちにメールで査定資料が届いただけでした。

会社によっては、メール以外での連絡もあるのかもしれませんが、今回の場合は1社のみだったので、その点はわかりません。

<A社から届いた資料>
・簡易査定報告書
・評点表
・地図
・成約事例一覧表(該当物件の過去4年間分)

大手だけあってか、簡易査定の段階で、これだけの資料が届いたことに驚きました。

その後も、オウチーノとA社からの連絡は一切なく、後はこちらの判断で現地査定をしてもらうかどうかを決めることになります。

僕の場合、オウチーノでは1社しか依頼ができなかったので、この1つだけを見て売却の検討や現地査定を依頼するかどうかを決めることはできませんでした。

<オウチーノでの依頼から机上査定回答の結果までのまとめ>
・連絡はメールのみ。電話連絡はない。
・すぐに査定結果を知ることができる。
・参考となる関係資料も得ることができる。
・手間もかからず煩わしさもない。
・悪い点としては物件によっては1社しか選択できないので比較ができない。
・大手不動産会社や電鉄系不動産会社が多いので安心感はある。

オウチーノでの一括査定!補助的に活用する

不動産の売却や売却を検討している方にとっては、メリットがあるサービスだと思いました。

僕の場合はオウチーノでは1社しか該当する会社が出てきませんでしたが、5社9社と多く出てくるケースもあるようです。

依頼した会社からは、その日のうちにきちんと連絡もあり、手間なくスムーズに査定額を知ることができました。

一括査定サイトなどでよく聞くような、「しつこい営業電話やメール」などがなかったことは良かったと思いますし、安心して利用できるサイトです。

ただ、周辺事例などの資料を確認できたことは参考にはなりますが、1社だけだとやはり比較はできません。

物件にもよりますが、最低でも2社、3社からの査定額を知って比較したいと感じますよね。

売却するかどうかの判断や売却する場合、1社だけでは不十分です。

すべてのケースで「オウチーノだけでは不十分」ということではないのかもしれませんが、僕の例で言うと、査定サイトとしては一定の利用価値があるに留まります。

しかし、今回一番の気付きは大手不動産会社からの査定書がしっかりしているものであり、大手ならではの顧客層を持っている事も知れたのは良かったです。

通常は不動産投資家やサラリーマン大家さんのように買値が厳しい顧客が多いですが、大手不動産会社ともなると「余裕ある資産家」が買い手になることが多いので、物件によっては高値で売れる可能性も秘めていると感じました。

ただ売却を考えるうえでは、今回の僕のように1社しか出てこない場合には、やはり別の一括査定サイトの利用も考えなくてはいけないとも思いました。

O-uccino(オウチーノ)のサイトはこちらへ