イエウールの査定を使って投資用不動産の売却を考える

投資用不動産の売却検討にあたり、不動産一括査定サイトのイエウールを利用してみました。

誰でも簡単に自分が持つ物件のおおよその売却価格を知ることができ、売却を考える際の材料にもなります。

まずは、このような一括査定サイトを利用して、売却の検討や売却価格を考えていくのが良いと思います。

イエウールでの査定の仕方

トップページの画面では、都道府県、市区町村、町名、物件種別を選び、査定スタートボタンを押すだけです。

ieurutop

次の画面では、査定不動産情報を入力します。

専有面積、間取り、築年数などを記載しますが、わかる範囲で問題ありません。

ieuru23

次に、お客様情報の入力へと進みます。

ここでは、査定の依頼理由や査定方法も選択します。

ieuru50

ステップ3の画面では、査定会社への要望、売却希望時期、買換えの有無を選択します。

ここでの入力も特に深く考える必要はありません。

これが終わり、無料査定スタートボタンを押すと査定会社がピップアップされます。

僕の場合は1社しか出てきませんでしたが、売却物件の地域次第では数社出てくるようです。

しかし、数社出てきた場合でも、選べる査定会社は1社と限定されています。

ieuru57

抽出された会社の中から1社を選べば、一括査定の依頼が完了します。

ieuru27

依頼先の不動産会社からの連絡

その日のうちに、査定のメールが届きました。

メール以外の営業の電話などは特になく、査定書と周辺マンションの取引事例や相場がわかる資料を確認することができました。

イエウールからも一括査定の依頼から2日後に訪問査定の案内メールが届きましたが、その後は一切連絡もなく終わりました。

訪問査定をしてもらうかどうか考えましたが、イエウールでは1社のみの査定しか受け取れません。

この1社だけで判断して、訪問査定を依頼するかどうかを判断するのは少し不安ですよね。

結局は、すぐに訪問査定をお願いするまでには至りませんでした。

<イエウールでの依頼から机上査定回答の結果までのまとめ>
・連絡はメールのみ。電話連絡はない。
・単に評価額だけでなく参考となる関係資料ももらえる。
・電話やメール攻撃もなく煩わしさは一切ない。
・悪い点としては1社しか依頼ができず比較ができない。
・大手不動産会社や電鉄系不動産会社が多いので安心感はある。

イエウールでの査定はサブ的に活用する

僕の場合、売却を検討している段階だったため、売却するかどうかを判断するための材料としては、1社だけの査定では不十分だと感じました。

イエウールは査定サイトとして一定の利用価値はありますが、サブ的に利用することをオススメします。

実際に、周辺の取引事例や相場などは、自分で調べるとなればそれなりに手間がかかりますよね。

しつこい営業電話やメールなどもなく、僕が知りたかった査定額や周辺相場を簡単に得ることができた点は良かったと思います。

同様の一括査定サイトが数多くある中、イエウールに関しては安心して利用できるサイトです。

今回の僕の場合のように、売却を考えるうえではイエウールの査定だけで判断することは難しいと感じましたが、サブ的に利用することで、売却を検討する際の材料にはなると思いました。

イエウールのサイトへはこちらへ